シェア
シェア:

教えて!散文と詩の違いについて

教えて!散文と詩の違いについて

詩が好きな人なら誰でも、散文という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかし詩と散文の違いはなんでしょう。それから寓話と童話の違いは?童話と小説の違いは?いろいろありますが、複雑ですよね。ここでは散文と詩の違いについて教えましょう。

散文

散文というのは自由形式で考えや思想を表現するものです。またそれは韻をふまなくてもいいです。詩ほど、厳しいルールはないんです。

散文の例:

"光がないところを歩く。私は心が痛い。あなたを探しているけどどこにもいない。見えるのはあなたのオーラだけ。”

にはリズムや韻があります。5,7,5のように決まったものです。子音の数や間も大切です。なので散文とは違って自由形式ではないのですがとても素敵です。例えば、雨にも負けず、風にも負けずというように、韻がふんであります。

散文と詩の違い

違いは

  • 散文は自然な形、私たちが日ごろ話すような感じで書かれており、散文は定型である。
  • 散文は韻がいらないが、詩はいる。
  • 散文は子音の数など関係なく自由に書くが、詩は規定がある。

教えて!散文と詩の違いについてと関連した記事をチェックしたい場合は、アート・ダンスのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

教えて!散文と詩の違いについてに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

教えて!散文と詩の違いについて
教えて!散文と詩の違いについて