シェア
シェア:

絵の具の色の混ぜ方

絵の具の色の混ぜ方

原色(赤、黄色、青)を混ぜるとさらに色々な色ができます。バラエティーに富んで楽しくなりますね。そんなに何色も持っていなくても、この3つを混ぜることで他の色ができるんです。こちらでは絵の具の色の混ぜ方を紹介します。

原色

まず知っておいてほしいのは、原色は他の色からは作れないということです。他の色をどう混ぜても、赤、黄色、青にはなりません。

画像: coloresprimarios.com

オレンジ

オレンジを作るのには赤と黄色を混ぜたらいいです。オレンジの度合いによって、赤と黄色の量を調整してみましょう。

緑を作るには青と黄色がいります。濃い緑がいいなら、黄色を多く入れましょう。また白をちょっと入れてもいいです。

赤と青を混ぜれば紫ができます。赤を多く入れれば、赤っぽい紫で、ちょっとピンクに近い感じです。青を多くすればまた別の紫ができます。

ピンク

ピンクを作るには白と赤を混ぜます。白を多く入れたり少なくすることでピンクを調整できます。

茶色

原色を3つ混ぜることで茶色ができます。3つの量を変えることで色んな茶色ができるでしょう。

灰色

灰色には、黒と白がいります。白を多くしたら、薄い灰色になります。

パステルカラー

同様に、パステルカラーを作りたいなら、色を混ぜてみましょう。白と別の色でこれはできます。色々混ぜてみて、好きな色を作りましょう。

絵の具の色の混ぜ方と関連した記事をチェックしたい場合は、手芸・クラフトのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

絵の具の色の混ぜ方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

絵の具の色の混ぜ方
画像: coloresprimarios.com
91
絵の具の色の混ぜ方