シェア
シェア:

でんぷん糊の基本的な作り方

工程
評価: 4.5 (25票)
1件のコメント
1シェア
 
でんぷん糊の基本的な作り方

でんぷん糊は、接着剤として、特に手芸に使われる自家製の糊です。小麦粉と水をもとに作られるものですが、からり強い粘着力を持っているんですね。あいにくプラスチックには使えないのですが、ボール紙をくっつけるのに良い粘着力を持ちます。

でんぷん糊って何?と一瞬考えてしまった方もいると思います。でんぷん糊とは誰でも一度は使ったことのある、工作のりなんです!幼稚園や小学校の工作では欠かせない道具の一つでしたよね。

有毒なものが一切入っていないうえ、とっても経済的なので、子供たちの工作・手芸にはぴったりです。Hohoron.comでは、誰でも簡単に作れちゃうでんぷん粉の基本的な作り方をお教えします。

画像:www1.pcbaby.com.cn

必要なもの:
工程:
1

まず、小麦粉(大さじ3)と冷水を混ぜます。ダマが残らず十分な液状になるまで冷水を加えてよく混ぜてください。

2

その間、鍋に水(コップ1杯)を入れて沸かしておきましょう

3

小麦粉と冷水を混ぜた液体を沸いたお湯の中に注ぎ、手を止めずにゆっくり、丁寧に混ぜながら沸騰させます。

4

液体が煮詰まって、水分も飛び、トロトロの状態になったら鍋を火から下ろし、糊を冷まします。糊をより濃くするため、ここで砂糖(大さじ1)を加えることもできます。

5

鍋の中で温かいうちはなんだかスープのようたっだ液体が、しっかり冷めると、懐かしのでんぷん糊の出来上がりです!とっても簡単に出来ますね。

好みで、ここで着色料を加えて、色つきの糊を作る方法もあります。自分の好きな色の糊ができたら、工作もさらに楽しくなりますよ。

以下の記事では作ったでんぷん糊がさっそく大活躍!紙で作る工作を楽しんで下さい。

上級者向けのこれはエコ!リサイクルでハンドクラフトを作る方法も読んでみて下さいね!

でんぷん糊の基本的な作り方と関連した記事をチェックしたい場合は、手芸・クラフトのジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • でんぷん糊は数日しかもたないので、使いたい分だけをその都度作るようにしましょう。
コメント (1)

でんぷん糊の基本的な作り方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?
1件のコメント
Bambi forever
水の量はどれくらいですか? いつもほんの少ししかつかわないのに、市販の糊は、乾いて使い切れません。 防腐剤としてホウ酸をいれるのはどうでしょうか?もし、ホウ酸が有効なら、その時の量はどれくらいがいいでしょうか?
Tanaka Ayako
小麦粉(大さじ3)に初めに加える冷水の量は50~60ccほど、また、鍋で沸かしておく水の量はコップ1杯(200cc)ほどです。
この手作りでんぷん糊は、添加物がないので子供でも安心して使えることが利点なのですが、長期保存ができないので必要なときにその都度作るのが基本になります。防腐剤としてホウ酸が有効かどうかは分からないのですが、仕上げにお酢を数滴たらして混ぜ、少し腐りにくくする方法もあるようです。

でんぷん糊の基本的な作り方
61
でんぷん糊の基本的な作り方